ダウンは家で洗濯できる!洗濯方法とお手入れ方法

ダウンは軽くて温かく、寒い季節に重宝しますよね。外出する時に上に羽織るものなので、そんなに頻繁にクリーニングには出さないと思います。でも、シーズンが終わるまでに汚してしまったり、汗をかいたので気になる場合などキレイにしたくなるはず。

そういう時は、クリーニングに出すのではなく家で洗えたらいいなと思いませんか?デリケートな素材で洗濯は難しそうなダウン、はたして家で洗濯しても大丈夫なのか、正しいお手入れの方法とは!詳しくご紹介しますね。

ダウンは家で洗濯できる?

ダウンは家で洗濯できるのか、結論から言えばそれは可能です!ただし、どんなダウンでも洗えるわけではありません。自宅で洗えるものと洗えないものとがあるので、まずそれを確認してからにしましょう

洗濯表示を確認する

洗濯できるダウンなのか、してはいけないダウンなのかをチェックできるのは、ダウンについているタグの洗濯表示です。洗濯機マークや手洗いマークがあれば水洗いすることができるので、家でも洗うことができます。

洗濯表示には他に水温の指定や洗剤についても指定されている場合があるので、それらを守り正しく洗うようにしましょう。

ダウンを洗濯する前の準備

ダウンは何も準備せずいきなり洗濯してはいけません。どのような準備が必要なのか、詳しく見ていきましょう。

襟や袖口の汚れを確認する

直接肌に触れることがないアウターであるダウンなので、それほど汚れていないのではと思うかもしれませんが、襟や袖口には汚れが付きやすいもの。メイクの汚れや皮脂汚れ、食べこぼしなどの汚れはちゃんと落としておきたいですから、洗濯する前にどこが汚れているのか確認しておくと良いでしょう。

ファスナーやボタンを閉める

ダウンは型崩れしないようにやさしく洗うのがコツ、ファスナーやボタンは閉めてからたたみ、形を整えてから洗います。また、ファスナーやボタンを閉めれば、洗濯中に引っかかるのを防ぐことができダメージを避けられます。

ファーなどは取る

取り外しが可能なファーやフードなら、そのまま一緒に洗濯せず取り外してから別々に洗いましょう。ファーは水洗いできるものとできないものがありますから注意してください。

ダウンを洗濯する方法

準備ができたらいよいよダウンを洗濯!どのような点に注意したら良いのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

目立つ汚れを部分洗い

襟元や袖口など、汚れやすい部分はそのまま洗濯するだけではキレイにならないこともあります。他にも汚れが目立つ部分があったら、まず部分洗いしましょう。

ダウンの素材がナイロンやポリエステルなどの化繊なら、薄めた洗濯洗剤を含ませたスポンジで軽くたたくようにして汚れを落とします。ウールやツイードなどのデリケートな素材の場合は、おしゃれ着用の中性洗剤を使用して同様に部分洗います。

洗濯ネットを使う

手洗いするのであれば、たたんだダウンをそのまま洗いおけや洗濯槽に入れて押し洗いますが、洗濯機に入れ回して洗うのなら必ず洗濯ネットに入れてからにします。洗濯ネットに入れる時も、たたんで形を整えることが大切です。

ダウンの干しかた

ダウンは普通の衣類のように干してはいけません。形を崩さずしっかりと乾燥させることが大切です。正しい干し方についてご説明します。

形を整える

洗濯機で脱水、あるいはバスタオルを使ってタオルドライしたダウンは、中の羽毛が偏っているもの。そのまま干してはふわっとした風合いが失われてしまいます。ですから、中の羽毛をほぐして偏りをなくし、全体の形を整えてから干すようにしましょう。

ハンガーにつるす

ダウンを干す時は、一般的な衣類を乾かす時のハンガーではなく、太めのもの・肩に厚みのあるハンガーにつるしましょう。細いハンガーを使ってしまうと、中の羽毛が偏りやすくなります。

形を整える

ダウンは中までしっかりと乾かす必要があり、風通しの良い日陰で2、3日はかけた方が良いでしょう。もし乾燥が足りなかった場合は、カビやシミが発生したりニオイの原因にもなってしまいます。

1日乾燥させたらダウンを上下に振ったり、中の羽毛を軽く叩いたりしてほぐし、形を整えてさらに1~2日は干しましょう。こうすることでダウンはふっくら感がもどり、次のシーズンも気持ちよく着ることができます。

ダウンは乾燥機やコインランドリーが使える?

手洗いは面倒、乾燥に何日もかかるのなら乾燥機やコインランドリーを利用したいけど・・・と思うかもしれませんよね。ダウンは乾燥機やコインランドリーで洗うことは可能です!

しっかり乾燥させるまで時間や手間がかかるダウンも、乾燥機を使って短時間にふっくらと乾かすことができます。コインランドリーなら、1着だけでなくまとめてダウンも洗濯することができ、もちろん乾燥までやってくれるので手間も時間もかなり省くことができますよ。

ただし、ダメージを与えないように「ソフト」や「弱」のコースを選ぶこと、そして乾燥機も低温に設定します。また、乾燥まで終えたダウンでもまだ十分に乾いていない場合もあります。ふわっとしていない、羽毛が偏っていると感じるなら、追加で乾燥させるようにしましょう。

ダウンのお手入れのコツ

お気に入りのダウンを良い状態で長持ちさせるための、お手入れのコツについてご説明します。

雨に濡れたら

ダウンが濡れてしまったらすぐに乾燥させることが大切ですが、雨に濡れたのならそのまま放置することでシミになってしまう恐れがあるので、まずできるだけ早く雨を拭き取るようにします。

その後乾燥させますが、雨が染み込んで一旦乾いてしまった場合は、濡らしたタオルを固く絞りしっかりと拭き取りましょう。ダウンは乾きやすいので、すぐにしまっても良さそうだと思うかもしれませんが、雨を拭き取って乾いたように見えてもしばらく風通しの良い場所で干すようにします。

羽が出たとき

ダウンの羽は、縫い目から抜け出てくることもあります。羽が出ているのを見つけたら、早めに処置することが大切ですが、引き抜いてしまうのではなく内側に引っ張って戻しましょう。

飛び出してきた羽は抜きたくなるかもしれませんが、抜いてしまうことがきっかけとなりさらに出てきてしまう恐れがあります。次々と抜いてしまえばどんどんダウンのボリュームがなくなってしまいますから、絶対に引き抜かないようにします。

羽を元に戻すには、裏側からつまんで中に戻すようにします。縫い目から羽が飛び出すのと防ぐには、防水スプレーを吹き付けるのも良いとされています。こうすることで、縫い目の隙間を埋めることができ、羽が飛び出すことを避けられます。

衣替えのとき

次のシーズンまで着用しないダウン、そのまましまってしまうのはNGです。蓄積した汚れをしっかりと落とすため、クリーニングに出してから通気性の良い場所で保管しましょう。ふっくら感を損なわないように保管したいので、たたんだり重ねたりせず、型崩れを予防するために肩の部分がしっかりしたハンガーを使用します。

上のものを重ねない

ダウンは中の羽毛をつぶさないように保管するのが大切、ふっくらした状態を保つため袋に押し込んだりきっちりとたたんでしまうのはNGです。ゆったりたたんでも、その上に別のものを重ねたら重みで羽毛がつぶれてしまいますから、ダウンの上にものを重ねないようにしましょう。

まとめ

ふんわり軽くて温かいダウン、家でも洗濯することができます。ただし、正しい洗濯方法を守ることが大切です。

・水洗い可能なのか洗濯表示を確認してから
・手洗いだけでなく洗濯機の使用も可能
・洗濯機で洗うなら洗濯ネットを忘れずに
・洗濯前の準備も抜かりなく
・コインランドリーや乾燥機の利用もOK
・風合いを保ち長持ちさせるためのお手入れも必要

水洗い可能なダウンなら家で洗濯することができ、コインランドリーでも洗濯することができます。でも、デリケートな素材が使われたものや絶対失敗したくないお気に入りのダウンなら、自分で洗わずにプロのクリーニング店に出すのがオススメです。

関連記事