こたつ布団のクリーニングの頻度は?値段と口コミ、保管方法まとめ

冬の間大活躍のこたつ、そこで食べたり飲んだりして家族団らん楽しい時間を過ごしていると思います。冬が終わってもそのまま出しっぱなしで、食事をしたらそのまま寝れるから便利!という使い方をしている一人暮らしの人もいるようです。

でもそれだけこたつを使っていたら、気になりませんか?こたつ布団の汚れ。寝具の布団は干したり丸洗いしたりするけれど、こたつ布団ってそんなにお手入れしないものですよね。

寝具の布団よりも汚れていると想像できるこたつ布団、やっぱりクリーニングはするべきでしょうか。するとすればその頻度は?クリーニングの値段も気になりますよね!さっそく調べてみました。

こたつ布団をクリーニングに出す頻度とタイミング

こたつ布団をクリーニングに出すタイミング、最適なのはやっぱりシーズンが終わって片付ける前でしょう。誰もが絶対やってしまっているはずの、こたつ布団への食べこぼしや飲みこぼし、つい寝てしまって気がついたら汗びっしょり、布団にも汗や皮脂がついてしまう可能性があり、冬の間に汚れがたっぷり蓄積しているはずです。

そんなこたつ布団をそのまま片付けたら、ダニが繁殖したりとても不衛生ですよね。お天気の良い日に干してから片付ければ、と思うかもしれませんが、ついてしまった汚れを落とせるわけではありません。

来シーズン使う前にクリーニングすればいい、そういう考えの人もいるでしょう。でも、汚れたままのこたつ布団を放置すれば、ダニが繁殖するだけでなくカビが生える可能性もありますし、こたつ布団の生地も傷んでしまうかもしれません。いくら使う前にクリーニングするといっても、そんな汚い布団を保管するのは・・・気持ち悪くないですか?

ですから、片付ける前にクリーニングに出しましょう。頻度としてはその1回で十分です。使用できないほど汚れてしまった場合は仕方ありませんが、シーズン中に何度も洗ってしまうとへたってふっくら感が失われてしまいますよ!

こたつ布団をクリーニングに出したらどのくらいで帰ってくる?

こたつ布団をクリーニングに出したら、どのくらいで帰ってくるのかも気になりますよね。これは預けるお店によっても異なりますが、普通の衣類のように午前中出して夕方帰ってくるというわけにはいきません。

店舗に持ち込む場合、自社の設備があれば数日で仕上げてくれる場合もあります。しかし、外注に出す場合やクリーニングの繁忙期に出した場合、帰ってくるまで1か月ほどかかってしまうこともあります。

最近は便利な宅配クリーニング店も人気ですが、多くのお店が2週間程度で返却してくれるそうです。中には急ぎでお願いできるお店もありますが、即日や翌日の返却は難しいでしょう。

こたつ布団のクリーニングの値段の相場

こたつ布団をクリーニングに出す場合の、値段の相場について見てきましょう。

・クリーニング店持ち込み 2,000円~3,000円程度
・宅配クリーニング(送料込み)5,000円~10,000円程度

店舗に持ち込む場合、寝具の布団よりもこたつ布団の方が安いようです。宅配クリーニングは送料込みでこたつ布団1枚の値段ですが、店舗に持ち込むよりもかなり高いですよね。でも、他のものとまとめて出せば1枚あたりの値段がお得になるし、かさばるこたつ布団を自宅からお店まで運ばなくてもいいというのが助かりますよ。

また、持ち込みでも宅配クリーニングでも、キャンペーンを行っていれば相場よりも安く利用できる場合があります。クリーニング店で春から初夏くらいまで、冬物衣類や毛布、布団などの「冬物セール」のチラシを出すことがありますが、見かけたことはありませんか?そういったセールでも、こたつ布団を安くクリーニングしてもらうことができるので、チラシにも注目してみてください。会員登録してあれば、セールの案内が届くかもしれません。

こたつ布団のクリーニングの出し方と注意点

クリーニング店でこたつ布団を出す場合、サイズや使われている素材によって料金が異なる場合があります。用意していた金額よりも高かった、というのを避けるために、事前に料金を確認しておくことをオススメします。また、出す前に次の点をチェックしておきましょう!

ほつれや破れのチェック

こたつ布団は中に綿が入っているものなら、ほつれていたり破れている箇所があると、そのままクリーニングすれば綿が飛び出してしまう可能性があります。もし、ほつれや破れた箇所があるのなら補修してから出すと良いですね。

汚れやシミをチェック

ジュースや醤油、ソースなどシミ、何が原因なのか分からないけど汚れている箇所、こたつ布団は思った以上に汚れていることがあります。クリーニングに出すのなら、そんなシミや汚れもすっきりと落としてもらいましょう!

シミや汚れを見つけたら、クリーニングに出す時スタッフさんにその箇所を伝えておきます。

クリーニング後のこたつ布団の保管方法

クリーニングから帰ってきたキレイになったこたつ布団。ビニールの袋に入れられているので、そのまま押し入れにしまって・・・というのはNGです。

まずビニール袋から出し、広げてしばらく放置しておきましょう。こうすることで蒸れを乾かし、保管中にカビやニオイが発生するのを防ぐことができます。その後、押し入れにしまっても良いのですが、こたつ布団もそのままではかさばってスペースを取りますよね。

こういう場合は圧縮袋を利用するのがオススメ。ダニやカビの繁殖防止になり湿気るのも防ぐことができます。圧縮するとベタンコになるので心配になるかもしれませんが、次の季節に使用する前に、袋から出して天日干しを半日程度行えば、ふっくらと復活しますからご安心を。

こたつ布団クリーニングの疑問

よくあるこたつ布団クリーニングの疑問・その答えについて見ていきましょう。

こたつ布団はコインランドリーでクリーニングできる?

大物も洗濯から乾燥までOK、布団の丸洗いまでできるコインランドリーは便利ですよね。ふとんが洗えるのならもちろんこたつ布団もOK、キレイにクリーニングすることができます。ただし、水洗いが可能なこたつ布団に限ります。

でもコインランドリーを利用する時は、利用する洗濯機の容量に注意してください。コインランドリーは洗濯機の大きさによって料金が異なりますよね、節約するためにこたつ布団のサイズに見合わない小さい容量の洗濯機を選んでしまうと、無理やり詰め込むことになり汚れをしっかり落とすことができなくなります。

こたつ布団は自宅で洗濯できる?

自宅で洗濯するとなると、もちろん水洗いですよね。こたつ布団が水洗い可能なものなら、自宅で洗濯することができます。水洗い可能かどうかは、こたつ布団についているタグの洗濯表示を確認しましょう。

水洗い可能だと確認できても、自宅の洗濯機で洗えるサイズなのかも確認しなければなりません。洗濯機の容量が少ないのに無理やり詰め込んだら回しても回らない!脱水時に大きな音がして洗濯機が大暴れしていた、なんてことも。

浴槽に浸けて洗うこともできますが、大物なのでかなり体力を使います。脱水は洗濯機なしではそうとう厳しいですね。なんとか水を切ることができても、しっかり乾燥させるのは長時間かかりそう・・・。手洗いだけでなく洗濯機を使った場合も、自宅では布団乾燥機やコインランドリーの乾燥機のお世話になったほうが良いのかもしれません。

こたつ布団クリーニングのまとめ

こたつ布団も汚れるのでクリーニングは必要です!

・クリーニングするのはシーズンが終わり片付ける前の1回でOK
・クリーニングから帰ってくるのは2週間~1か月程度かかる
・クリーニング料金は持ち込みで2,000円~3,000円
・宅配クリーニングは1枚なら割高だが他のものとまとめるとお得に
・クリーニングに出す前に汚れや傷んだ箇所をチェック
・保管する前にビニール袋から出してしばらく放置
・水洗いできるなら自宅でもコインランドリーでも洗濯可能

自宅でもこたつ布団を洗濯するのは可能ですが、手間や乾燥にかかる時間を考えると避けた方が良いかもしれません。コインランドリーも便利ですが、中までしっかり乾燥させるためには追加で乾燥させる必要があることも。

やはり、プロであるクリーニング店にお任せするのが間違いなさそうです。キャンペーンやセールで安く利用したり、他のものとまとめるとお得になる宅配クリーニングもオススメですね。

関連記事