浴衣をクリーニングに出すタイミングと頻度は?料金の相場など

着る季節が限定される浴衣、毎年夏になると花火大会や夏祭りには絶対浴衣を着る!という人も多いのではないでしょうか。夏ということで、浴衣を着ている間に汗もかくし、食べこぼしや飲みこぼしのシミもつくかもしれませんよね。

でも洋服とは違い、浴衣もやっぱり和服なので自分で簡単に洗ったりはできなさそうだし、クリーニングに出すこともいろいろと不安があると思います。

今回は浴衣のクリーニングについて、知りたいあれこれを調べてみました!

浴衣をクリーニングに出す頻度とタイミング

浴衣をクリーニングに出す頻度とタイミングは、シーズンが終わってからの1回です。浴衣はほぼ夏の間だけ着るもの、秋になればもうしまおうかなと思うはずです。クリーニングせずにそのまましまってしまうと、次のシーズンに着ようと出してきた時に、黄ばみやシミで汚れていたり、カビや虫食いの跡を見つけてガッカリしてしまうかもしれません。

ですからシーズンが終わりもう着なくなったら、早めにクリーニングに出しましょう。夏の間1回しか着ていなかったとしても、クリーニングは必要です。シーズン中に何度も着る人なら、着た後は毎回陰干して風を通しておきましょう。この時、普通のハンガーではなく和装用のハンガーを使うか、物干しざおにかけるようにします。大きなシワが気になるようなら、アイロンをかけましょう。

もし食べこぼしや飲みこぼしで派手に汚してしまったり、汗を大量にかいた場合は、シーズンが終わるのを待たずにクリーニングに出すのがオススメです。

浴衣をクリーニングに出すのではなく、自宅で洗いたいと思う人もいるでしょう。洗濯表示を確認し、水洗いが可能だと表示されているのなら、浴衣を自宅で洗うこともできます。ただし、色落ちの心配があるので洗濯する前に必ず色落ちしないか確認すること、もし色落ちするのなら自宅で洗わずクリーニング店でプロにお任せしましょう。

洗濯機洗いが可能だと表示されていても、基本的に浴衣は手洗いするのがオススメ。使用する洗剤は一般的な洗濯用洗剤ではなく、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使います。洗剤を水に溶かし、浴衣を浸けたらゴシゴシこすらずにやさしく押し洗い、押して持ち上げるを繰り返し、20~30回ほど洗います。

水を取り替え十分にすすいだら、脱水は洗濯機で1分弱、この時はたたんで洗濯ネットに入れてから脱水するようにします。後は和装ハンガーか物干しざおに直接干し、よくしわを伸ばして乾かします。乾かす時は必ず陰干しで!直射日光は色褪せの原因になってしまいます。普段のお手入れで風を通す時も、直射日光は絶対に避けましょう。

浴衣をクリーニングに出してたらどのくらいで帰ってくる?

もう今年は着ないだろうとクリーニングに出した浴衣、でも急に必要になったら?クリーニングに出したらどのくらいで帰ってくるのか、やっぱり知っておくべきですよね!

浴衣をクリーニングに出し、帰ってくるまでは1週間~2週間が目安です。浴衣も和服なので、洋服よりは日数も多くなるようです。こちらの目安は店舗に持ち込んだ場合ですが、もし宅配クリーニングを利用するなら、これよりも日数がかかり3週間程度が目安となります。

シーズンが終わってもう着ないのであれば、クリーニングに出しても帰ってくるまでの日数はそれほど気にならないと思いますが、まだシーズン中で汚れを落としてもらいたい時はなるべく早く仕上げてもらいたいですよね。その場合、店舗に持ち込んで急ぎであることを伝え、相談してみることをオススメします。

浴衣クリーニングの値段の相場

浴衣クリーニングの値段の相場について調べてみました。浴衣はクリーニングに出すと平均して3,000円前後かかることが多く、安ければ1,000円程度で高ければ5,000円程度と開きがあるようです。

浴衣だけでなく、浴衣を着る時に必要な帯も、一緒にクリーニングしたいと思う人もいるでしょう。こちらの相場も800円~3,000円くらいと差がありますが、帯はそれほど汚れないものなので、必ず毎シーズンクリーニングしなければならないということはありません。

クリーニングの値段の差は、クリーニングの仕上げ方によるものだったり、浴衣の素材によっても出るようです。特殊な生地やデリケートな素材が使われている浴衣なら、一般的なクリーニングよりも手間や時間がかかるし、仕上げも機械ではなく手作業で行うことが必要になります。

もちろん、クリーニング店によっても値段に差が出ますが、普通にクリーニングできる洋服とは異なるので、浴衣は信頼できるお店にお願いする方が間違いありません。安さだけで選ぶよりもお任せして大丈夫なのか、その点を考えてお店を選ぶのがオススメです。

浴衣をクリーニングの出し方と注意点

浴衣をクリーニングに出す時の、出し方や注意点について説明します。

ほつれ、穴あきの確認

気がついたら浴衣にほつれや穴あきがあった、ということもあるでしょう。素人には補修が難しい浴衣、クリーニング店でお直ししてくれるサービスもあるので、利用するのがオススメです。

クリーニングに出す前に、ほつれや穴あきなどがないかよくチェックしておき、クリーニング店でその箇所を指摘してお直しをお願いしましょう。ただし、どのお店でもお直しのサービスがあるとは限りませんから、事前に調べてから持ち込むようにします。

また、絞りの浴衣をクリーニングに出す時も要注意です。高級素材の絞り生地はポコポコした独特の風合いが特徴ですが、知識のないクリーニング店で仕上げにしっかりとプレスしてしまい、せっかくの風合いが台無しになった、ということもあるようです。

ですから絞りの浴衣をクリーニングに出す時は、「絞りの浴衣」であることをはっきりとしっかりと伝えましょう。もし絞りの浴衣をプレスされてしまったら、そのクリーニング店は浴衣・和服の知識がないようですから、次回は他のお店を選んだ方が良いですね。

クリーニング後の浴衣の保管方法

クリーニングから帰ってきた浴衣の保管方法について説明します。

ビニール袋を取り外す

クリーニングから帰ってきた浴衣は、ビニール袋に入れられているはずです。そのビニールに入れたままにするのはNG、湿気がこもってしまいます。浴衣を受け取り自宅に持ち帰ったら、まずそのビニール袋を取り外します。

その後、和装ハンガーにかけて風通しし、湿気を取り除いてからしまいましょう。これにより、カビの発生や虫食いを防ぐことができます。浴衣をタンスにしまうのなら「たとう紙」使いましょう。タンスではなく着物専用の保存袋に入れてもOK。こちらは着物を保管するのに適した状態になり、湿気やカビから守るだけでなく、ニオイが付くのも防ぐことができます。

まとめ

浴衣もクリーニングして来シーズンもキレイな状態で、気持ちよく着ることができますよ。

・浴衣をクリーニングに出す頻度やタイミングはシーズンの終わりに1回が目安
・シーズン中でも大量に汗をかいたりひどい汚れがついたならクリーニングに
・クリーニングに出す以外でも、シーズン中は自分でお手入れ
・自宅でも洗濯可能だが、洗濯表示や色落ちをチェック
・浴衣クリーニングの値段の相場は平均して3,000円前後
・お直しが可能なお店もあるのでほつれや穴あきを事前に確認
・保管は湿気を防ぐことが大切、タンスや保存袋で適切に保管

シーズン中にお手入れすることで浴衣を気持ちよく着ることができますが、来シーズンのためにクリーニングに出してからしまうことが大切です。自分で洗うことも不可能ではないですが、大切な浴衣ならやはりプロに任せて安心!お直しもお願いできるので、ほつれや穴あきなどついでに直してもらいましょう。

関連記事